かぴばらいだー

神奈川のロードバイク乗り。乗ったこと、撮ったこと、食べたこと、買ったこと、色々書くよ!

*

富士チャレンジ300 9時間エンデューロ 走ってきました! (3)

      2015/08/12

 - レース・イベント

ぽちっと押してくれると嬉しいです!

 

もはや完全に旬が過ぎてしまった感のある富士チャレネタですが、今回でようやくゴールまで辿り着きます。
よろしくお付き合いください。

前回までのあらすじ
富士チャレンジ300 9時間エンデューロ 走ってきました! (1)
富士チャレンジ300 9時間エンデューロ 走ってきました! (2)

大歓声を受けながら第一走者としてスタート

サーキットの路面は最高、どんどん加速するぜ!

なんか心拍高いけど気にしない、今日の俺は絶好調だぜ!

一本目終了、オキタクさんにバトンタッチ!

Sponsored Link

休憩 & 応援

さて、ハイテンションで一本目を走り終えました。
次の出番までの約1時間は応援&休憩タイムです。
メンバーがピット前を通る度、みんなで「がんばれー!」の声援を浴びせます。

そして声援に応えるこの漢。

かっこいい
うーん・・・

ぬれる
はい。
応援の声かけができるのはホームストレートに帰ってくる一瞬だけ。
それ以外の暇な時間は次の出番に備え、疲労抜きのため脚を上げておきます。

脚上げ

この姿勢で10分ほどぼーっとしてるとリンパだかなんだかが流れて疲労が取れやすいらしいです。
自転車乗った後は必ずやるようにしてます。
脚上げ終わったら楽しいおやつタイム。

休憩所
写ってないけどみんなめっちゃおやつ持って来てます。遠足か!?
無料で配布されているお汁粉も食べまくり、消費カロリーを余裕で取り返します。
本レースと並行して、ピットレーンではキッズレースなんかも行われてます。

キッズレース
ちびっこきゃわわ!!
そのうち是非うちの娘も参加させたい!

中盤戦、疲労との戦い

こんな休憩を挟みながら、2本目、3本目とつないでいきます。
メンバーが帰ってくる度に「お疲れ様!」「良く頑張った!」
出発するメンバーには「がんばって!」「気を付けて!」
と毎回声を掛け合います。
走っている間は当然一人なんですが、チームでやってるという実感があってとても気持ちいいです。

レース中盤、昼ごろになると気温が上昇し、風もでてきました。
ホームストレート区間が向かい風となり、速度を維持するのが辛いです。
周回を重ねるに連れ、みんな疲労感が強くでてきます。まだあと5時間もあるんだぜ・・・。

と、ここでモニターに表示される順位速報を見てみると・・・。

P9060064_Blog.jpg
な、なんと、8位につけてるじゃないですか!!
15位ぐらいまでは団子状態のようで順位がコロコロ入れ替わる状態、
なんとかトップ10入りを目指してみんな心と体にムチを入れて走ります。

僕は4周を1本としてゴールまでに計5本走ったのですが、
4,5本目はほんとにきつくて死にそうでした。
平坦でこんながんばったの初めて。

大荒れの天気、そしてゴール!

そしてレース終盤残り1時間、疲れた体に追い打ちをかけるように雨が降り出します。
雨はどんどん勢いを増し、あっという間に豪雨に。

P9060088_Blog.jpg
どうすんだよこの雨。
コース上は水たまりが出来はじめ、落車も発生している模様。うわー、やだなー。
次にドコデモさんが戻ってきたら僕の発走、心の準備をしていると、豪雨に加えて雷が。
ここでさすがに運営からストップがかかり、約30分を残してレース終了となりました。

P9060094_Blog.jpg
最終走者となったドコデモさん、チキチキ君ともに無事帰還。
おつかれさま、事故無くて良かった!!
あと30分、走りきりたかった気もしますが天候は仕方ありません。
さあ、気になる最終結果は・・・!

P9060091_Blog.jpg
どーん!!
クラブ・ロードロ A 見事トップ10入りです!!
ばんざーい!!

ほとんど全員がレース初参加でしたが、とても立派な成績だと思います。
みんなめっちゃ頑張りました。
もう一回、ばんざーい!!

レースを終えての感想

もうひとつエントリーしていた「クラブ・ロードロ B」の方は18位でフィニッシュ。
出場チーム数は39なので、こちらも見事半分より上の順位です。
ロード歴3年未満の初心者ばかり、みんな平坦レースは初めてという中、
予想以上にいい結果が残せました。

揃いのチームジャージを着て走った初めてのレースでもあり、とてもいい思い出になりました。

P9060098_Blog.jpg
モザイク掛けてますが、みんなめっちゃいい笑顔です。

レースに関しての感想。
正直エントリー当初、スタートするまでは
「平坦レースはスピード出るし落車多いらしいから適当に流して走ろう」と思っていました。
が、

  • コース幅は十分(一斉スタートの1周目は除く)
  • めっちゃ滑らかな路面でコーナーでもグリップ十分
  • 参加者のマナー良く、無理な走行ラインを取る人は少ない
  • 先頭を除き、意外と集団走行にならない

など予想に反して安全、快適に走ることができました。

終盤豪雨になってからは危険度が上がりましたがこれは仕方ないかな。
もちろん上位ガチ勢は集団走行が基本となるためリスクもあるのでしょうが、
我々のようなエンジョイ勢はせいぜい4人程度の列車でストレスなく高速巡航を楽しむことができます。

会場は自宅から近く日帰り参加できるし、屋根付きの快適なピットスペースもあり。
非常に参加しやすい大会だと感じました。

一緒に走ったメンバーもみな同様の感想だったようで、来年も絶対出るぞ!
と盛り上がっていました。

レースは出てみたいけどヒルクライムはしんどいという方、オススメできるイベントです。
来年は是非出場して一緒に走りましょう!

さて、1か月以上引っ張ってきた富士チャレネタですが、ようやくゴールまで辿り着くことができました。
簡潔に文章を書く能力が欲しい・・・。

と言いつつ、まだ引っ張ります!

もうちょっとだけ
次回は「富士チャレンジ300 個人反省編」です!
すぐ書くのでもう一回、もう一回だけ付き合って!!

 

Sponsored Link

最後まで読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加してます、良かったらポチッと応援して下さいませ。

よかったらこのボタンからバンバン宣伝してください!