かぴばらいだー

神奈川のロードバイク乗り。乗ったこと、撮ったこと、食べたこと、買ったこと、色々書くよ!

*

グループライドでヤビツ行ってきました

      2015/08/11

 - グループライド

ぽちっと押してくれると嬉しいです!

 

今年は残暑をあまり感じず、素直に秋に入った気がします。
自転車には最高の季節、寒くなる前においしくいただきたいですね。
さて、昨日、お世話になっている「クラブ・ロードロ」のグループライドでヤビツ峠に行ってきたのでその話です。

Sponsored Link

誰でも仲良くグループライド

今回のルートは、
中山駅集合 → 中原街道を南下 → R246 → ヤビツ → 以降ノープラン


という感じです。
ここんとこ体調が余り良くないので早起きは避けて中原街道の途中から合流させてもらいました。

ヤビツまでの道のりはもう目新しいこともないんですが、ペースが結構速い。
僕は最後尾で楽ちんでしたが、前を牽いてくれた方、ありがとうございました。
そんなこんなで非常にいいペースで行軍し、善波のセブンイレブンで恒例の休憩&自己紹介タイムです。

自己紹介タイム
今回は総勢11人、初めましての方が3人、内2人はロードに乗り始めて3ヶ月という方でした。
うむうむ、毎回初心者さんの初参加があってとてもいいと思います。

そしてもう1人の初めましての方、Eさんですが、なんかもう見るからにタダモノではないオーラが出ています。
体がゴツゴツしてて、どこかで見たことあるんだよなあ・・・。
・・・あ、これだ!

ムキムキ
話を聞くと、ヤビツはコンビニから30分で登るぜ、とのこと。
・・・ゴクリ。
ついにグループライドにガチの方がいらっしゃいました。
練習方法など教えていただきたい!

というわけで、

ウェルカム
初心者さんからガチの方まで、だれでも楽しくご一緒しましょう!

ヤビツまで

自己紹介も済み、和やかなムードでヤビツへ向かいます。
ヤビツ前の一山、善波峠をえっちらおっちら登ります。

善波
初めて来たときはこの坂で既に結構しんどかったことを思い出します。
登り切ってトンネルを抜けると、ご褒美どーん!

富士山
夏が終わって空気が澄んできて、久しぶりにスカッと富士山です。
地方出身の僕は今でも富士山を見ると感動を覚えます。

さて、スタート地点、名古木交差点に到着。
読み方は「ナガヌキ」ですよ、「ナゴキ」じゃないです。

名古木
初ヤビツの方もたくさんいましたが、ここからはみんなで一緒に登るのではなくそれぞれが全力タイムアタックです。
山頂で会おう!!

今回の目標、作戦

今までのログを振り返ってみると、僕にとっては通算14回目のヤビツアタックのようです。
もっと行ってるつもりだったけどこんなもんか。
少しずつ速くなってはいるんですが、少しも楽にはなりません。
毎回死にそうになります。
モチベーションが無いと途中で止めたくなるのでいつも「必ずベストタイム出す!」という気持ちで臨んでいます。

が、今日の目標はタイムではありません。
(調子悪いんでベストタイム出ないことが濃厚)
この方に勝つこと!です!!

オキタク先生
いつもおなじみ、ロードロのオキタクさんです。
ヤビツのタイムでは抜きつ抜かれつ、お互いに少しずつ記録更新しているライバルなのですが、
先日僕のベストタイムをブッちぎられてしまいました。

今日の直接対決で再び抜き返し、屈服させてやる!!
これまでの区間タイムの傾向から、前半の菜の花台まではオキタクさんが、後半の緩斜面区間は僕が速いようです。
したがって、菜の花台過ぎまでなんとか真後ろに張り付く、ラスト1kmで並ぶ、最終スプリント勝負で勝利!
という勝利の方程式が導き出されました。

いざ、勝負!

信号が青に変わって、おっしゃ、スタート!ぶっちぎるぜ!!

と思ったが、重い重いギアが重い!!
なんと直前の下り坂でアウタートップに入れたままスタートしてしまったのです。
みるみる遠ざかっていくオキタクさんの背中、開始5秒で既にジエンドの予感ですが、このまま話されるのは情けなさ過ぎるので全力で追いつきます。
ああ、もう足使っちゃった・・・。

この日は非常に向い風が強く、もうタイムが出ないことはほぼ確実。
やはりマンツーマン対決を制することが肝要と、卑劣にもオキタクさんを風よけにして進行します。
勝てばよかろう、なのだ。

が、速い速い。
蓑毛のバス停まではなんとか食らいついて行きますが、その後いくつかある急坂で10mほど差をつけられてしまいました。
想定通りとはいえ、やはり離されていくのは悔しいもの、なんとか差を縮めようと何度か仕掛けますが
測ったように10mの差が詰まりません。

後ろに目が付いてんのか・・・。
と思ったらほんとに付いてるんですね。
バーエンドに装着されたバックミラーで僕をチラチラ見てるくさいのです。
で、僕が仕掛けてもきっちり合わせて速度を上げて来るんです。
くそー、やらしいおっちゃん さすがのやり手です。

もともと前半部で無理して食いついたこともあり、後半でも思うように上げられません。
っていうか死にそう。筋肉も心臓もヤバい・・・。
結局最後の1kmまで約10mの差がどうしても縮められず。
最終500mで命を燃やして踏み込んで差を5mまで縮めますが無情のゴール。
ま、負けた・・・。

勝者と敗者
↑栄光の勝者と惨めな敗者の図

完全に力負けだったので何も言うことはありません。練習します・・・。
とは言え、帰ってStravaのタイムを見てみると、41分41秒、自己ベストまであと1秒と迫るタイムでした。
体調悪かったこと、強烈な向い風だったことを考えると驚きのタイムです。

やっぱり前に目標があると普段より力が出せるということがわかりました。
いつもこのぐらい力を出せるようにすれば40分切りも見えそうです。

まったり休憩タイム

山頂でゼエゼエ言っている間に、他のメンバーも次々にゴールしてきます。

ゴール
みんな秋晴れに負けない爽やかな笑顔でゴールです。
今にも死にそうなゼエゼエハアハア涎ズルズルみたいな雰囲気だったのは僕とオキタクさんの2人だけ。
なんか2人だけ趣旨を履き違えているような気がしなくもないのでした。
みんなの息が整ったら、お約束のヤビツ峠看板前で集合写真。

集合写真
みんないい笑顔です。
登ってる最中ははみんなそれぞれのペースで1人だけど、ゴール後の一体感はグループライドならではですね。
この後のルートは予定が立っていませんでしたが、今日は裏ヤビツには抜けず来た道を戻るということになりました。
下りはみんなでゆっくり走ります。
途中にはこんな絶景も。富士山くっきり。

下りの途中
菜の花台に寄り道します。すごくいい天気。

菜の花台
上から。

上から
景色を堪能。西は富士山、東は江ノ島が見えました。

ドコデモリーダー
うざい落書き。

うざい落書き
ヤビツは来たことあるけど菜の花台は初めて、という方も居ました。
峠は殺風景なので天気の良い日は是非菜の花台に寄ってみるといいと思います。

流れ解散

この後は来た道を戻りながら流れ解散です。

この日はロードロメンバーのはんぎょどんさんが
日産スタジアムで開催されているレース(サイクルパークフェスティバル)に出場されるということで
応援に行こうという流れでしたが、僕は調子悪いので遠慮させていただきました。
(なんかはんぎょどんさん、優勝したらしいっす。すげえ。)

別れるまでの帰りの道中、いくつかStravaに登録されているスプリント区間が。
みんなぶっ飛ばしていきますが、既にヤビツで使い切ってしまっており全く付いていけません。
いや、足が残ってたとしてもスプリントは劣ってそうな感じです。
特にトランクス、じゃなかった、初参加のEさんの加速はヤバいです。
あこがれる-。
平坦も練習しなきゃな。

途中合流、途中離脱で1人だけ圧倒的に距離は短かったのですが、ヘロヘロになって帰宅しました。
参加者の皆さん、今回もありがとうございました。
次回はもう少しコンディションを整えて参加します。

ブログを読んでくださっている方、興味があれば是非ご参加ください。
みんなで走るの楽しいですよー。

 

Sponsored Link

最後まで読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加してます、良かったらポチッと応援して下さいませ。

よかったらこのボタンからバンバン宣伝してください!