かぴばらいだー

神奈川のロードバイク乗り。乗ったこと、撮ったこと、食べたこと、買ったこと、色々書くよ!

*

【Pioneer】ついにパワーメーターを買いましたよ!!【ペダリングモニター】

Sponsored Link

ぽちっと押してくれると嬉しいです!

こんばんは、最近真面目に毎晩ローラーしてるのでブログ書く暇がありませんよ!

なんでそんな真面目に練習してるかというとですね、うふふ♪
モチベーション維持に大変役立つ新しいおもちゃを買っちゃったんですよ♪

買ったのはこれだ!

タイトルに思いっきり書いてあるしもったいぶりませんよ、これです!

SGY-PM910HL

パイオニアのパワーメーター、「SGY-PM910HL」です!
いえーい!

Sponsored Link

パワーメーターって何よ?

有名品なので説明不要な人が多いとは思いますが一応これが何かと言いますと。

※パワーメーターとは
動力計(パワーメーター)は人がペダルによって自転車に与えた動力を表示する計器。
~  中略  ~
動力(パワー)と心拍数は相関関係があるが、心拍数は内的条件(体調、睡眠、ケイデンスなど)および外的条件(気温、湿度、坂、風など)の影響を受けるのに対し、
動力計は条件にかかわらず動力を瞬時に正確に表す。心拍計は動力の表示が遅れ、かつ平均化されて表示される。

自転車探検」様より

簡単に言うと、どれだけの力(ワット)でクランクを踏んでるかを計測する機械です。
その瞬間瞬間にどれだけの強度で漕いでるかが一目瞭然になるので、トレーニングが効果的かつ計画的にできるようになるんですね。

自転車の練習強度の目安になる測定器としては、他にスピードメーターと心拍計がぱっと思い付くのでそれとの違いなど書いてみます。

スピードメーター

  • 自転車の速度を計測
  • 風や傾斜などで値が大きく変わるので練習強度の目安にはしにくい
    今日は時速30kmを維持するぞ!は余り意味がない
    ※条件が一定になるローラー台上では目安になる

心拍計

  • ライダーの心拍数を計測
  • トレーニング負荷と心拍数はだいたい比例するので練習の目安になる
    よーし、今日は心拍160で20分維持するぞ!みたいな
  • 反応が遅いので短時間のインターバル練習には不向き
    ガーっと踏んでも心拍は一瞬では上がらない、逆に高心拍で足を止めて休んでもしばらくは高いまま
  • 体調や緊張度合い、気温などで同じ負荷でも心拍数はばらつく
  • どれだけ成長したかの目安にはしにくい
    練習して速くなっても心拍数は変わらないですもんね

パワーメーター

  • どれだけの力が自転車にかかっているかを計測
  • トレーニング負荷の正確な目安になる
    よーし、今日はパワー200Wで5分を5回!とか
  • 値は即時反応、踏みすぎ、サボりはすぐわかる
  • 体調等関係なく、今どれだけの力を加えているかがわかる
  • パワーが上がる=強く、速くなるので成長が一目でわかる

という感じかな。
心拍計は「今どれだけの頑張り度合いか」が、パワーメーターは「どれだけの力を出しているか」が分かるというイメージです。

今までは心拍計で練習してたんですが、もっと強くなるために効率よく練習したくて購入に踏み切りました。

ペダリングモニターシステムなんですが・・・

今回買ったパイオニアのパワーメーターなんですが、ほんとの名前は「ペダリングモニターシステム」と言いまして。
なんとパワーだけじゃなく、

ペダリング時に生じるクランクのわずかな歪みの変化を検知し回転角度30°毎に12カ所で「力の大きさ」と「力の方向」の計測が可能です。
サイクルコンピューターSGX-CA500と組み合わせることで、リアルタイムでグラフィカルにペダリングの状態を表示します。
それにより自分のペダリングの特徴や癖、さらに、ペダリングの状態を数値(ペダリング効率)として把握することができます。

公式サイトより

というすんごい機能までついてるんですよ。
ペダルにどんな向きの力が加わってるかが見れるんです、こんな風に!

ペダリングベクトル

おおお、なんか凄そうですね!

ただですね、これが見れるのは、専用のサイクルコンピューター、SGX-CA500を使用したときのみ。
で、僕はというとこのサイコン、買ってません!

ということでペダリングモニターシステムなんだけどペダリングはモニターしません。
ただのパワーメーターとして使います!

しかも左クランクしか買ってないからね、左右のパワーバランスも分かんないよ!

ペダリング効率なんかどうでもいいわ!

なんでそんな中途半端なことすんのよ、どうせなら両脚+サイコンも買って分析しなさいよ!
と思う読者の方も多いことでしょう。

うるせえ!金がねえんだよ!!!

左だけでも結構なお値段するんですよこれが。
右とサイコン付けたら倍以上、無理無理無理。

とまあ金銭的な理由がほとんどではあるんですが、一応自分なりに良く考えて不要と結論付けたのです。
僕と同じく、お金ないけどパワーメーターほしい、でも両脚は無理だし左だけだと安物買いの銭失いになっちゃうかなーと悩んでる人のため、
僕がいらねえと判断した根拠を書きます。

なお、ペダリング効率見れなくて悔しい、両脚サイコン持ってる人が妬ましい!
という感情を紛らわすための酸っぱいブドウ的な考えなのは明らかなので、両脚サイコン付きですでに持ってる方は気を悪くしないでくださいね。

ペダリング効率が高ければ速いのかが不明

ペダリング効率って何でしょう?
僕のイメージする、というか指標として知りたいペダリング効率というのは、
「自分の体力がどれだけ自転車に伝えられているか」
言い換えると、
「効率が高い = 同じパワーを自転車に加えた時の疲労が小さい」
を表現してくれるものです。

果たしてパイオニアの言うペダリング効率がそうなっているかを考えてみます。
ペダリングベクトル↑はパイオニアのペダリング効率の考え方を示す図です。
クランクにかかってる力Fiを、回転に寄与する接線成分Fxiと、回転に寄与しない無意味な法線成分Fyiに分解して、クランク一周中のそれらの割合でペダリング効率(%)を出しています。
クランクが一回転する間、ずっと接線方向にのみ力を掛け続けること、つまり、
踏み足はまっすぐ踏み下ろす、上死点/下死点では水平に足を押し出す、引っ張る、引き足はガッツリ上に引き上げる、という動きをするとペダリング効率は100%に近づきます。

確かに機械効率的にはそれが正しいんでしょうが、人間そんなにずーっと正確に接線方向に力を掛け続けると逆にめっちゃ疲れます。
つまり、ペダリング効率が高い = 効率よく疲労を最小限に保つペダリングができている とは言えないんですね。

100%に近づけていったところで、それで本当に走りの効率が良くなるのかわからない、ということで僕は使いこなせないなーと思いました。

そもそもパワーの絶対値によって効率がコロコロ変わる

これは今までに何度かペダリングモニターシステムを試乗したときに感じたことなんですが、ペダリング効率って、がんばってパワーを上げるほど効率も一緒に上がっていくんですよ。
弱い力でペダリングを意識したときより、ペダリングなんか適当で全力スプリントガチャ踏みしたときの方が圧倒的に高い効率が表示されたんです。

僕のペダリングがド下手であることはこの際置いといて、なんでそうなったのかを考えます。

上で述べたペダリング効率、接線/法線方向の力の割合以外にも要素がありまして。
その要素とは、回転の順方向/逆方向の力の割合です。
ペダリングは時計回りに力をかけること。当たり前ですね。

ところが、僕みたいな下手くそがペダリングすると、引き足(脱力の方が近いかな)がうまくできてないので9時の位置でも下方向に荷重が乗っちゃうんですね。
そうすると時計回りの逆方向に力がかかってるってことでペダリング効率は下がります。
ここまでは問題ないです。

ここで全力スプリントしたとしましょう。
すると、3時の位置では思いっきり下方向にパワーがかかります。
一方9時の位置ですが、全力スプリントしたからといって9時位置での下向きの力は増えないんですよ。
ペダリングが乱れるんで多少は増えるかも知れないんですが、3時位置での増分に比べると微々たるものです。

そうするとどうなるか。
ペダリング効率を下げる反時計回りの力は変わらないのに、ペダリング効率を上げる時計回りの力だけが増える。
ペダリング効率大幅アップです!

ペダリングスキルは何も向上してないのに。

ということで、ペダリング効率を議論するときは、効率だけじゃなくて、その時のパワーそのものの大小も含めて考えないと無意味な指標になっちゃうってことです。
うーん、やっぱり僕には使いこなせないです。

左右差もどうでもよくね?

さらに、左だけしか 買えなかった 買わなかった理由も述べます。
ペダリングの左右差が分かると、左右均等にペダリングができてるかがチェック/矯正できる、というメリットが挙げられます。

ただ、左右って均等の方がいいんでしょうか?
もちろん均等で困ることは何もないんですが、右利き左利きってあるので必ずしも均等でなくても力の強いほうの足が自然に強く踏んじゃうのは別にいいんじゃないかなあと思っています。

なお、これは全然まったく根拠がないので厳しい突っ込みはやめてね。

自転車はクランクが左右つながってるんで、左右で力の差があっても問題なくまっすぐ進みますもんね。
片足ペダリングでも進むぐらいだし。

もう一点、左クランクだけでの測定の場合、表示されるパワーは単純に左足の2倍で計算されるので、正確なパワーが出せないというのはあります。
僕はパワーの絶対値は興味がなくて、練習強度の目安にしたいだけなのでこれも問題視してません。
もともと左一本で計測したパワーを基準にするので、いつも同じ値を出してくれれば大丈夫。
もちろん見かけのパワー稼ぎのために左足だけガシガシ踏むみたいなことはしない前提ですよ!

ペダリング効率の今後の研究に期待してます!

なんだかダラダラと買えない言い訳を並べてきたんですが、ペダリング効率という考え方にはとっても期待してます。
ただ、現状では人間の生理的要因で明らかになってないことが多すぎてまだまだかなあと思っています。

要は、どんなペダリングが本当の意味で効率が良いかが明らかになってないんですよね。
結局ペダリング効率、ベクトルを見ながら試行錯誤しなきゃいけない。
それなら同じパワーをいろんなペダリングで出してみて、体感的に楽に感じたやり方でいこう、の方が僕にはまだしっくりきます。

ペダリングモニターが一般発売されて、今どんどんデータが集まってるはず。
このデータをもとに研究が進んで、こんなペダリングが正解!
みたいなのが分かるようになったら初めて僕みたいなアホでも有効利用できると思います。

パイオニアはじめ研究者のみなさん、がんばって!

ということで取り付けたよ

とにかく!
パワーメーターは左だけに取り付けましたよ!
ペダリングモニターシステムの記事を期待した方、申し訳ございません!

それでは早速自転車に取り付けましょう。
Beforeはこんな感じ。

Before

ヤフオクで買った楕円リングのおまけについてきた汚い105 5700のクランクです。
ペダリングモニターの対応クランクは6800アルテグラと9000デュラエースのみ。
まあ左クランクだけ6800アルテ、右はこのまま105という手も出来るんですが、さすがにダサい。

と言うわけでこれもゲット。

CS-6800

アルテの右クランク。

で、僕は楕円信者なんでここから更に楕円化。
4アームになっちゃったおかげで楕円チェーンリングまで買い換えですよ。
どんだけ金かかるんだ・・・。

ほい、完成!

After

やっほーい、できたできた!
これでめでたくパワーメーター&6800アルテ+楕円クランク化です!
しかしどうも4アームの見た目は好きになれん・・・。

さあ、パワートレーニングを始めるぞ!

このように晴れてパワーメーターデビューいたしました。

が、パワーメーターを付けたからといって速くなるわけではありません。
これを使って効率良くパワーを元にした科学的トレーニングを行わなければ。

今までの心拍計での練習と違って、どれだけ頑張ったかではなく実際どれだけ踏めているのかが明らかになる残酷な機械。
どんなに苦しかろうが目標パワーを維持して練習する必要があるのです。

さてさて、どんな練習メニューにしようかな♪
次回以降、備忘録を兼ねてパワートレーニングについて書きまくる予定です。
ややこしい話になると思うので興味が無い方はごめんなさい、良かったら見てね。

では、ごきげんよう!

Sponsored Link

最後まで読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加してます、良かったらポチッと応援して下さいませ。

よかったらこのボタンからバンバン宣伝してください!