かぴばらいだー

神奈川のロードバイク乗り。乗ったこと、撮ったこと、食べたこと、買ったこと、色々書くよ!

*

【楕円】 RIDEAのチェーンリングのインプレをするよ 【非真円】

      2016/11/02

 - パーツ・機材

ぽちっと押してくれると嬉しいです!

 

皆様こんばんは!
ツールドフランスで寝不足です。休息日早く来てー。

今日は先日お見せしたRIDEAのチェーンリングのインプレを書いてみようと思います。

前回の記事はこちら
楕円?非真円? RIDEA のチェーンリング買いました!

Sponsored Link

まずはスペックから

正式?名称はRIDEA PowerRing 50-35 W2T 5arm

RIDEA
いわゆる楕円チェーンリングで、力のかかりやすい3時付近の位置では歯数が多く(重く)、
上死点、下死点付近は歯数が少ない(軽い)、というものです。

歯数はアウター50T、インナー35Tの±2Tを選んだので、
一番重いところは実質52T-37T、軽いところは48T-33Tということになります。

これまで使っていた 芝刈り機 Tiagraコンパクトクランクの歯数は50-34Tに対しては、
総歯数はほぼ同じ、踏むときは少し重くなるという感じでしょうか。

めんどくさいので楕円楕円と呼んでいますが、正確にはDuo-Oval、つまり 2重楕円ということで、二つの楕円を混ぜ合わせた形状のようです。

楕円で一番有名なROTORのQ-Ringsとどちらにするか迷ったのですが、
比較するとRIDEAの方が踏める範囲が広く楕円っぽさが少しマイルドらしいです。
楕円初心者にちょうどいいかなと思いこちらを選択しました。

見た目もRIDEAの方が好みだし。

その他、こまかいことは代理店(?)のGearStationさんのサイト内、
http://gearstation.sakura.ne.jp/GS2homepage/clankSet/RIDEA.html
http://gearstation.sakura.ne.jp/GS2homepage/clankSet/RIDEAexp01.html
にとてもよくまとまっているのでこっちを見てくださいな。

モノとしての仕上げがGood!

性能とは関係ないところからですが、このチェーンリング、見た目・質感がとてもいいです。
CNC切削加工されたアルミ製で、アルマイトの塗装は綺麗かつ頑丈です。

この記事を書いている時点で半年以上使っていますが、まだまだ新品同様に綺麗です。
(さすがにチェーンが触れてる歯の部分は塗装はがれてますよ)
芝刈り機 Tiagraとは大違いで、見つめて触ってニヤニヤ。
僕がチェーンリングを交換した最大の動機は見た目だったので、とても満足しています!

ちなみにパーツ買ったら恒例の重量測定ですが・・・。
測るの忘れました!!
届いたら嬉しくなってすぐ取付けちゃった、テヘ♪

カタログスペックではインナー/アウター合わせて 160g だそうです!
よく分からんがTiagraよりは軽いんじゃないですかね、多分!

走ってみての感想

変えた瞬間、「おお、ぐにゃぐにゃ!」となるかと思ってたんですが、そんなことはなかったです。
違いは分かるけど違和感ってほどではないというレベルでした。

全体の印象としては、適当にガチャガチャ踏んでも真円よりある程度綺麗に回ってくれる、という感じかな。
ヘタクソなペダリングでもそこそこ効率が良くなると思います。

もう少し詳しく、

  1. 平地巡航
    おそらくRIDEAに限らず楕円チェーンリングが一番得意な分野です。
    僕は巡航時はケイデンス90~105RPMぐらいでくるくる回すタイプですが、明らかに良く回ります。
    踏みやすい2時~4時が重くなるというより、6時/12時付近はスルッと軽く回ってくることを強く感じます。

    踏み終わったら勝手に足が回ってくるイメージで、真円と同じ感じで踏むとケイデンスが5~10RPMぐらい上がりました。
    総歯数は変わってないのにケイデンスが上がるので、当然速くなります。
    これはいい。

    逆の言い方をすると、今までと同じケイデンス/速度の時は体感的に楽です。
    効率がいいっていうことなのかな。

    よく楕円のレビューで 「足が終わるのが早くなる」 というのを見るんですが、
    気分良く足が回る分、パワーを出し過ぎてるんじゃないかと思います。
    意識して抑えめにするぐらいでちょうどいいかと。

  2. 加速 / スプリント
    あんまり急加速やスプリントはやらない(できない)ので評価できません・・・。
    真円時とあんまり変わらないかなーという感じです。
    違和感はなし。
    がっつりスプリントやる人には楕円は向かないとどこかで読んだ気がします。
  3. 登り
    RIDEAのインナーリングは登りを考慮して15°上向きに付いています。
    登りに入っても重力の通り鉛直に踏めば良いということですね。ありがたやありがたや。
    平地巡航ほどではないにしても恩恵は感じます。
    やっぱり勝手にケイデンスが上がる。

    が、巡航と違って2時~4時が重くなっていることもはっきり感じます。
    真円だと3時でピンポイントで 「グイッ!」 と踏んでいたところが
    2~4時で「グイーン」と長く踏めている気がします。

    ポイントが長くなる分疲れるといえば疲れるんですが、一踏み毎に足にくる衝撃は減るので
    僕は楕円の方が長く我慢できます。
    この辺はペダリングの癖にもよるかもしれません。

    真円から楕円に変えた次の日の初ヤビツではタイムを30秒更新していました。
    これが楕円パワーなのか僕の成長なのか、はたまた体調などによる誤差なのかの判断はお任せします。

  4. 変速性能
    ここを凄く心配してたんですが、結論からいうとRIDEAの変速は優秀です!
    むしろ剛性感がある分Tiagraよりはよっぽどシャキシャキ変速してくれます。
    モノとしての仕上げがよいと書きましたが、変速時のチェーンの通り道のミゾやピンの加工もしっかりしています。
    ただあくまでも僕の比較対象はTiagraなので、上級コンポに対してどうなのかはちょっと判断つきません。
    ある程度適当に変速してもちゃんと落ちずに変速してくれてるよ、ぐらいに捉えていただけると。

まとめ

ごちゃごちゃ書きましたが、

  • 見た目がとてもいいよ、かっこいい!
  • ペダリングがヘタクソな人に特におすすめ!
  • 平地巡航はとても効果を感じるよ!
  • ヒルクライムも速くなった気がするよ!
  • 変速はまったく問題ないよ!

ということです。
全体としては大満足、あー、いい買い物した!

さあ、あなたもどうぞ、こちらから!! ↓↓

とっても気に入ってるので、僕と会った人は「お、そのチェーンリングかっこいいね!」と褒めてあげてください。
大喜びします。
以上!

 

Sponsored Link

最後まで読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加してます、良かったらポチッと応援して下さいませ。

よかったらこのボタンからバンバン宣伝してください!