かぴばらいだー

神奈川のロードバイク乗り。乗ったこと、撮ったこと、食べたこと、買ったこと、色々書くよ!

*

水平ステムに交換したよ!【Easton EA70 17°】

      2016/11/02

 - パーツ・機材, ポジション

ぽちっと押してくれると嬉しいです!

こんばんは!

平日はネタがなくて3日も更新空けちゃいました。
間隔空けちゃうといつの間にかフェードアウトしちゃうんで危ないです。
こまめに何か書く習慣をつけないとね。

今日はみんな大好きパーツ交換の話です。
と言ってもホイールだコンポだというほど景気のいい話ではないですが。

ちっちゃいけど大事なパーツ、ステムを変えてみましたよ!

Sponsored Link

ステムって何じゃらほい?

そもそもステムとは何かというところからお話しします。
かぴばらいだーは、「初心者や自転車いじりが苦手な人にもやさしいブログ」を目指しています。
決してネタの水増しではありません。

ステムってのは、自転車のハンドルとフレーム (正確にはフォーク) をつなぐ部品です。

ここがステム
↓こんな感じで長さがたくさんあります。

 

stem_length

 

交換すると体からハンドルまでの距離を変えられるんですね。
ざっくり言うと腕の長い人はステムも長く、みたいな感じです。

ちなみにハンドルが遠いと感じたからと、サドルを前に出すというのは間違い。
サドル前後位置はあくまでクランクとの位置関係で決めるものだからです。
膝を悪くしたりするので、あきらめてステムを交換しちゃいましょう!

ハンドルの高さも変えられるよ

ステムには長さの他に角度もいくつかラインナップされていて、これによりハンドルの高さが変えられます。

その中でも、通常のステムより下がり角度をきつくして、ハンドルを下げられるようになっているものが「水平ステム」と呼ばれています。

この水平ステム、カタログや店頭でスペックを見ると、角度「17°」と表記されています。
17°なのに水平ってなんやねん!
という話です。

通常ロードバイクのフォーク部分は地面から斜めになっています。
「ヘッドチューブ角」というやつですね。
フレームによって違いはありますが、大体73°前後になっているものがほとんどです。

この73°に対して17°のステムを付けると、
73 + 17 = 90°
となり、ちょうど地面と水平になるのです。

分かりにくいので図を描いてみました。

ステム角度 水平ステム

17°って書いてあるステムが俗に言う「水平ステム」で、これを使うとハンドルを下げられるよっていうお話でした。

というわけで買ってきた

で、僕がなんでステムを変えようと思ったかというと、ハンドルの高さを下げたかったからです。

以前にY’sロードのバイオレーサーでフィッティングしてもらったときに推奨されたハンドル高さが結構低く、僕のフレームだとコラムスペーサーを全部抜いても下げきれなかったんです。

そのときの記事はこちら
フィッティング バイオレーサーを受けてきました (1)
フィッティング バイオレーサーを受けてきました (2)

というわけで買ってきました。

EASTONのEA70 長さ100mm、角度17°。
水平ステムです。

ステムもデザイン色々で悩んじゃうんですが、落ち着いた艶にダークなロゴのこれに決めました。
フレームが真っ赤で派手だからうるさくならないように。

と、ここまで書いてたらもう寝る時間になっちゃいました。
恒例の重量測定や交換作業、変えてみてのインプレなんかは次回に回そうと思います。
これでなんとか次のネタもできた。

では、ごきげんよう!

 

 

Sponsored Link

最後まで読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加してます、良かったらポチッと応援して下さいませ。

よかったらこのボタンからバンバン宣伝してください!